「ミュシャ展」を観に行ってきました。2017.3.8〜国立新美術館にて開催中。

「ミュシャ展」を観に行ってきました。2017.3.8〜国立新美術館にて開催中。

 

チェコの芸術家、アルフォンス・ミュシャ。私はとくに、女神のような女性を描いた作品がとても好きです。最近、雑誌の表紙にミュシャを見かけることが多かったので、展覧会があるのかしらと気になっていました(*^_^*)

 

ミュシャ展

 

場所は六本木にある国立新美術館。会期は2017年3月8日(水)ー 6月5日(月)。休館日は、毎週火曜日(ただし、5月2日(火)は開館)。私は会期3日目、金曜日のお昼前に来館しました。その混雑状況をお知らせします。

 

ミュシャ展

 

チケット売り場は列ができていましたが、展示室の入り口はスムーズに入場できました。室内では列になることもなく、ぶつかり合うこともなく、自由に鑑賞することができました。音声ガイドを聴きながら、ゆっくり鑑賞される方も多くいらっしゃいました。

小さく緻密な作品を鑑賞するときは、絵に近づいて食い入るような姿勢になると思いますが、今回のミュシャ展では、大きさが5メートルや6メートルもあるような大作が並び、部屋の中央から大きく絵を眺めるような姿勢だったので、それぞれ好きな視点から自由に鑑賞できたのだと思います(*^_^*)

写真撮影が可能なエリアがあって、みんなケータイを取り出して一生懸命に撮影していました。これまでたくさんの展覧会を見てきましたが、撮影可能な作品といえば、大抵はオブジェだったと思います。美術館で絵を撮影したのは、はじめてでした。

 

ミュシャ展

 

ミュシャ展の展示室は、2階。1階では、草間彌生さんの展覧会が行われていました。こちらは展示室の入り口も列を作っていましたよ。

Category :