モニター診断一週目。4名のモニター様のご感想を紹介いたします。

モニター診断一週目。4名のモニター様のご感想を紹介いたします。

 

ここまで、4人のモニター様にお会いすることができました。似合う服を見つけることは、その人の魅力的なところを見つけることだから、私の方が、とても楽しい時間を与えていただいています(*^_^*)

いつも着ているお洋服が、フレイムから見てもとてもよく似合っていらっしゃる方もいれば、新しいテイストのお洋服にチャレンジしてくださった方もいらっしゃいます。

フレイム・ファッションを体験してくださった皆さまから、ご感想をいただきました。その一部をご紹介します。

モニターの皆さまのご感想

自分の似合う服というのが、自分の考えていたものと違う点を多く発見でき嬉しかったです。

苦手と思っていた服にも挑戦してみようと思いました。近いうちに買い物に行きます!

(40代 M様)

ご自分でも、似合うタイプの服を選んでいらっしゃるモニター様でした。似合っているという確信がないまま、感覚だけを頼りにされていたところへ診断を受けに来てくださったと思います。お洋服やネックレスの試着をしながら、一緒にフレイム(骨格)タイプと似合うディテールを確認しました。その後、ご自分で購入されたお洋服のご報告やご感想もいただきました♪

 

自分のフレイムタイプが分かり、服選びの指針ができたので、迷わず楽しく選ぶことができそうです。

心踊る、今までにない服にチャレンジしたい気持ちになりました。本来のありたい自分に近づけるファッションを楽しめそうです。

(30代 S様)

見ず知らずの私に会いに来てくれるということは、それだけ心が大きく動いていらしたのだと思います。その心にフィットするお洋服を見つけるため、クローゼットに並んでいる服とはまったく違うテイストのお洋服にチャレンジしてくださいました。

 

アンケート用紙

 

体の気になっていた部分、とくに足のことが良く理解できほっとしました。

(50代 M様)

脚のキレイなフレイムタイプといえば、ストレートさん。ウェーブやナチュラルタイプの方は、ヒザがぼこっと出ていたり、ヒザ下が湾曲していることがあります。ストレートさんが、脚を真っ直ぐに保つ筋肉を持っているのに対して、ナチュラルさんは骨感の人。ウェーブさんはさらに骨も筋肉も発達していないタイプ。骨や筋肉のつき方による違い、個性なのだとお伝えしました。

 

ただの骨格診断と違って、個人を本当に知ったうえでのアドバイスなので、外見ではなく、内面からの似合うを引き出してもらえて嬉しかったです。

(40代 T様)

フレイム・ファッションは、骨格診断をベースに「思考は現実化する」という概念をかけあわせたもの。フレイムタイプから分かる似合う服や、その服が似合う「自分の魅力」に意味を見つけます。この日試着したお洋服の中でいちばん素敵だったのは、優しくて可愛いモニター様の魅力を引き立てる服でした♪