慣れない分野の本をラクに読む。ざっくりと読む速読法は、読書の敷居を下げてくれます。

慣れない分野の本をラクに読む。ざっくりと読む速読法は、読書の敷居を下げてくれます。

速読と言えば「どんな本でも大量に読める「速読」の本 」をはじめ、宇都出雅巳さんの著書を読みました。

試験勉強のテキストや慣れない分野など、知識のストックが少ないときに有効なのが、ざっくりと読み進める方法です。新聞を読むときみたいに、最初は紙面の見出しを拾い、興味のある部分から読んでいく。そんなイメージです。

最近、理系の本に興味を持って読み始めましたが、1ページ目から丁寧に1行ずつ読み進めようとすると、なかなか進まないうちに時間が過ぎてしまいました。そのうち最初の方の内容を忘れていることに気づき、宇都出さんのざっくりと読む方法を思い出しました。

「幸福論」のガイド本は、飛ばし読みや、見出しの拾い読みで2周しました。なんな〜く、全体として何が書かれているか分かるぶん、2回目以降は読みやすくなります。