自己肯定感がムクムクと上昇し始めたのは、1円を馬鹿にすることをやめた日から。

自己肯定感がムクムクと上昇し始めたのは、1円を馬鹿にすることをやめた日から。

1円なんて意味ない、そう思ってました。ゴミなんて意味ない、無駄なものだ。そうも思ってました。

でも、1円の存在がなければ、1,000円もない。そして、どちらも元は素粒子で、価値に差なんてないはずだ。 1円だってありがたいし、可愛いな。

そう思えるようになったら、「自分はちっぽけだ、無力だ。あの人はすごいけど、私はすごくない。」そんな思いが消えていきました。

ゴミだって、ついさっきまでゴミでは無くて、大切な役割を果たしていたのに、役目を終えた途端に、無駄な物だと思ってました。

小さく見下していた物に対して、そこに存在していることの価値を認められるようになったんです。

そうしたら、自己肯定感がムクムクと顔を出してきました!喉から手が出るくらいほしかった、肯定感!

本当はいつも、アレはすごいけどコレは別にすごくないとか、自分のことも他人のことも物の価値も、勝手に切り分けてジャッジする習慣があったことに気がつきました。

具体的な個人に対してではなくて、行動する人はすごいけど、しない人はすごくないとか、そんな感じで。

自分のことを大切に思えないと、他者のことも本当には大切に思えないということを、体験として理解しました。

そんな風に、心が変化する12月を過ごしています。

もうひとつ、関連する記事はいかがですか。

じんわりと幸せが身体中に広がっていく、新しい習慣。 | 夢が輝いているよ!

最近の最大のテーマは、自己否定を外していくこと。 | 夢が輝いているよ!

依存も無力感も自己否定も、今すぐやめるって決めるだけだった。 | 夢が輝いているよ!