サチコです。フレイム・ファッション診断、アクセサリー制作と販売を行っています。骨格診断は、ナチュラルタイプ。 パーソナルカラーはウィンター(とくに白・黒・濃紺)

最新記事

時代の流れと絵画の変革を知るのが楽しい!9月の読書まとめ

時代の流れと絵画の変革を知るのが楽しい!9月の読書まとめ

名画の時代背景を知るのが面白くて、科学や世界の歴史の流れをつかもうと、本を読みつつ年表を作っています! 文系な絵画の世界と、理系な科学の進化との接点が楽しくて、すっかりハマっています。 解明されていく宇宙の神秘、産業革命、戦争。変化していく時代の中で、どんな思いが描かれたのかな。 美術展に行くと、ミュージアムショップに...Read More
美術鑑賞をたくさん予定した、今年の秋の過ごし方。

美術鑑賞をたくさん予定した、今年の秋の過ごし方。

会期終了が近づいてきた、藤田嗣治展。駆け込みで鑑賞してきました。 室内は混雑してましたが、祝日の上野なら、ごく普通の風景。押し合わずに、静かに鑑賞できたと思います。 この秋の鑑賞予定。前売り券を3つも買ってしまった。楽しみ! 西洋美術史の本を読みつつ、アートの世界を旅します。Read More
「フェルメール光の王国展2018」横浜 そごう美術館でフェルメールを体感してきました。

「フェルメール光の王国展2018」横浜 そごう美術館でフェルメールを体感してきました。

9月2日まで開催されていた展覧会です。8月の下旬に、駆け込みで鑑賞してきました。間に合ってよかったです! 画中に登場する楽器が展示されていました。これは嬉しい! 大きさも確認できるし、細工の美しさも堪能しました。 富裕層の家庭には、こんなにも美しく施された楽器があったのですね。 展示作品はすべて複製画で、写真撮影OKで...Read More
ムーミンベーカリー&カフェで、ランチプレートを楽しんできました。ムーミンマシュマロが浮かぶクリームソーダが可愛かった!

ムーミンベーカリー&カフェで、ランチプレートを楽しんできました。ムーミンマシュマロが浮かぶクリームソーダが可愛かった!

ムーミンカフェは夢の国!床も壁も天井も、小物飾りも、壁一面の絵も、お店のスタッフさんまでも、すべてを持ってムーミンの世界を再現してくれています! ムーミンプレートとニョロニョロプレートがあって、違いはムーミンの方はデミグラスソース、ニョロニョロはシナモン入りカレー。 ドリンクはシルエットラテをいただきました。カフェラテ...Read More
「科学的とはどういう意味か」森博嗣著 秋の始まり、本の海にダイブしてます!

「科学的とはどういう意味か」森博嗣著 秋の始まり、本の海にダイブしてます!

お友だちが森博嗣さんの本を一気に4冊も読んでいて、恥ずかしながら私にとっては知らない作家さんだったり、そんなに面白いの!?って興味深かったり、素晴らしい読書力に感嘆したり、とにかく気になる出来事でした。 森さんの著書の中に「科学的」というフェルメールなキーワードを見つけて、これまたその子から、オランダでフェルメールの絵...Read More
「フェルメール光の王国」世界に散らばった名画を訪ねる旅。その感動を本で疑似体験しています。

「フェルメール光の王国」世界に散らばった名画を訪ねる旅。その感動を本で疑似体験しています。

「フェルメール 光の王国」を読んでいます。 フェルメール作品の所蔵館を旅しながら、キュレーターの言葉や時代背景を交えてフェルメールを解説。現地の風景写真や、歴史的な資料も紹介されています。 美術館といえばもっぱら企画展ばかり観に行ってますが、世界に散らばった名画をその土地へ訪ねて行くのも素敵だな。 近頃フェルメールばか...Read More
小石川植物園で、自然観察をしながら撮影練習の一日。

小石川植物園で、自然観察をしながら撮影練習の一日。

大奮発してカメラ講座に行ったのが、去年の8月。ご一緒した皆さんは、その後めきめき上達され、目を見張るような進化をされています。私も夢中で撮りたい気持ちになって、カメラを持って出かけてきました。 ふんわり。優しいイメージで。バランスや被写界深度を変えながら、時間をかけて撮っていたら、蝶々が飛んできました! 急いでシャッタ...Read More
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。鑑賞してきました!東京ステーションギャラリーで2018 9.9(日)まで。

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。鑑賞してきました!東京ステーションギャラリーで2018 9.9(日)まで。

浸ってきました、いわさきちひろの世界!とても充実した気持ちです。 あの美しい童画はもちろん、ちひろさんが影響を受けた作家の紹介、時代背景を知る資料の数々。それらを趣あるレンガ造りのギャラリーで鑑賞するのは、空間全体でちひろさんが生きた時代を感じられるようで、とても素敵でした。 原画と印刷物の違いが比較できることも、面白...Read More